村井 浄信 ゼミ

村井 浄信 (教授)
チームで研究体験

1~2年次の基礎研究では、何をするのですか?

 経済学の題材を使いながら,コミュニケーション能力の向上を目指します。

 コミュニケーション能力として具体的には,『チーム活動で貢献できる能力』と『プレゼンテーション能力』について,基本的な技術の学習と実践を通して楽しく身につけてもらいます。これらの能力は,みなさんが3~4年次の卒業研究に配属されてから,さらには社会に出てから,必ず役に立つ能力です。
 経済学の題材としては,幸福に関するアンケート調査の分析,人間が合理的な行動を取らないことを上手に利用した社会の仕組みなどについて,入門レベルのテキストを用いて一緒に学びます。
 授業では,みなさんが少人数のチームに分かれて,チームごとにテキストの内容を紹介するパワーポイント資料の作成とプレゼンテーションを行います。このような活動を繰り返し行うことで,みなさんのコミュニケーション能力を高めていきます。


 

 3~4年次の卒業研究では、どんなことをするのですか?

 経済学に関する研究体験をチームで行います。

 研究体験とは,学生が行う研究活動で,成果よりも研究の過程を重視することが特徴です。

 この卒業研究では,研究分野の近い複数の4年生とその分野に関心のある複数の3年生がチームを作り,チームごとに4年生の卒業研究テーマについて一緒に研究体験をします。研究テーマは,各自の興味に沿って3年生の12月ごろに教員や先輩と相談しながら決めます。これまでの研究テーマには『女性の幸福度』『高校生の時間割引率』『プロスポーツチームの経営効率化』『リーマンショック後の株価変動と大地震後の余震との類似性』などがあります。
 どの研究テーマでも経済データ分析を行うため,研究体験を通じてパソコンを用いたデータ分析の手法を学びます。また経済データ分析の仕組みを理解するため,テキストを用いて分析理論の学習も行います。研究経過について定期的にパワーポイントを用いた発表を行うことで,プレゼンテーション能力を身につけます。さらにコミュニケーションの方法論について学ぶ時間も設けています。

 現在は3つのチームに分かれて研究体験を行っています。以下は各チームからの研究テーマの紹介です。

 

Aチーム

私たちのチームでは、主に回帰分析を利用してデータ分析を行っています。回帰分析は具体的なデータを用いて相関の程度を調べる分析方法です。例えば売上について考える時、公告費用が関係することは感覚で分かりますが、回帰分析を行うことでどのくらい関係してくるのかが数値で分かるようになります。また接客態度や立地、品揃えなど複数の要因も含めて回帰分析を行うことで、何に力を入れれば売上が上がるかなども分かってきます。チームでは健康寿命、地方の過疎化、健康をテーマにそれぞれの問題について現状把握、解決案考察のために研究を行っています。
(Aチームリーダー 市川みのり

 

Bチーム

 私たちは観光にまつわる研究や分析をしています。例えば、地元のバスケットボールチームが地元の経済活動にどのような効果を与えているのかを産業連関表を用いて研究したり、魅力的な観光地の構成要素をアンケートやSNSを用いて分析したりしています。普段主観的に捉えているつながりや影響をデータで客観的にとらえることで、新たな発見や疑問が出てきます。村井ゼミは自分の興味のあるテーマを経済と絡めて分析できるので、好きなことに対してより一層理解を深めるチャンスになると思います。
(Bチームリーダー 牧野友香

 

Cチーム

 私たちのチームでは「楽しく」をモットーに、それぞれのメンバーが多種多様な興味関心と経済学とを結びつけ、研究をしています。具体的には、「県ごとの幸福度」や「女性の社会進出と経済の関係」についての研究を行なっています。1人1人が関心のあるテーマを自由に設定でき、仲間と協力しながら楽しく研究を行えることが村井ゼミの1番の魅力です。
(Cチームリーダー 武藤光大

 

 

先生がゼミで大切にしていることは何ですか?

 ゼミ 生みんなが楽しくチーム活動を行えることを大切にしています。

 ゼミ生たちが自由に発言できるように,打ち解けた雰囲気作りを心がけています。各チームの進行役には,チーム全員が同じ程度に発言しているか,常に気を配ってもらっています。
 1人で時間をかけてゆっくりと考えた上で,ゼミの時間にチームで議論することで,自分の口から思いがけないアイデアが溢れ出す。ゼミ生たちには,少しでも多く,そのような刺激的な体験をして欲しいと願っています。

 


ゼミ生の声

  •  村井ゼミの特徴は、チームで課題に取り組む点、誰にでも活躍の機会がある点だと感じます。数学や語学が得意な人、魅力的なアイデアを出せる人、プレゼンが上手な人などがそれぞれの個性を生かして活動しており、自然とコミュニケーション力が育まれます。チームの中で自分の役割を考える経験は就職活動にも役立ちました。
     私は解析ソフトを用いた回帰分析などの研究をしていますが、他のゼミ生には産業連関表や行動経済学など異なる研究をしている人もいて、各々が興味のある課題に自由なアプローチで研究できる環境です。
     ゼミで出来た友人と食事をしながら進路について話すなど、普段の講義よりも密な関係を築くきっかけにもなっており、村井ゼミに入って良かったと感じています。 
    前田 凌(大阪教育大学附属高等学校池田校舎卒,2016年入学
  •  私が考える村井ゼミの魅力は、ゼミ内の雰囲気が良く、それによりゼミ生みんなの個性が活かされている点です。生徒主体のチーム活動では、明るい雰囲気のもと、学年関係なく、自分の意見を発言しやすく、一人では考えつかないような創造的なアイデアをチーム全員で生み出すことが出来ます。
     また、それぞれの強みを発揮できるチームプレーを通して、自分の役割を見つけることができます。例えば私は数学が苦手なため、その分野は数学が得意なチームメイトに助けてもらっていますが、その分、私が得意な他の分野での経験を活かし、お互い助け合っています。
     このようにそれぞれの強みを伸ばし、お互い高め合うことが出来る点が、村井ゼミの最大の魅力だと感じています。
    渡邊 麻由(松山東高等学校卒,2017年入学