村井 浄信 ゼミ

村井 浄信 (教授)
チームで研究体験

1~2年次の基礎研究では、何をするのですか?

 経済学の題材を使いながら,コミュニケーション能力の向上を目指します。

 コミュニケーション能力として具体的には,『チーム活動で貢献できる能力』と『プレゼンテーション能力』について,基本的な技術の学習と実践を通して楽しく身につけてもらいます。これらの能力は,みなさんが3~4年次の卒業研究に配属されてから,さらには社会に出てから,必ず役に立つ能力です。
 経済学の題材としては,幸福に関するアンケート調査の分析,人間が合理的な行動を取らないことを上手に利用した社会の仕組みなどについて,入門レベルのテキストを用いて一緒に学びます。
 授業では,みなさんが少人数のチームに分かれて,チームごとにテキストの内容を紹介するパワーポイント資料の作成とプレゼンテーションを行います。このような活動を繰り返し行うことで,みなさんのコミュニケーション能力を高めていきます。


 

 3~4年次の卒業研究では、どんなことをするのですか?

 経済学に関する研究体験をチームで行います。

 研究体験とは,学生が行う研究活動で,成果よりも研究の過程を重視することが特徴です。

 この卒業研究では,研究分野の近い複数の4年生とその分野に関心のある複数の3年生がチームを作り,チームごとに4年生の卒業研究テーマについて一緒に研究体験をします。研究テーマは,各自の興味に沿って3年生の12月ごろに教員や先輩と相談しながら決めます。これまでの研究テーマには『女性の幸福度』『高校生の時間割引率』『プロスポーツチームの経営効率化』『リーマンショック後の株価変動と大地震後の余震との類似性』などがあります。
 どの研究テーマでも経済データ分析を行うため,研究体験を通じてパソコンを用いたデータ分析の手法を学びます。また経済データ分析の仕組みを理解するため,テキストを用いて分析理論の学習も行います。研究経過について定期的にパワーポイントを用いた発表を行うことで,プレゼンテーション能力を身につけます。さらにコミュニケーションの方法論について学ぶ時間も設けています。

 現在は3つのチームに分かれて研究体験を行っています。以下は各チームからの研究テーマの紹介です。

 

Aチーム

私たちのチームでは、プロスポーツがもたらす経済効果について、マクロとミクロそれぞれの視点から研究しています。具体的には、サッカーチームが地元経済にどんな影響を与えているかを、産業連関表などを用いて分析したり、プロ野球選手の成績と年俸の関係について、重回帰分析を用いて分析したりしています。それに伴って、研究する上で欠かせない様々な分析方法もチーム全員で勉強して知識を深めあっています。自分の好きなものを経済と関連付けて研究できるのも村井ゼミの特徴のひとつです。(Aチームリーダー 日下修児

 

Bチーム

 私たちのチームでは、分析方法として回帰分析を用いています。回帰分析とは、与えられたデータ同士が、数値的にどの程度相関関係があるかを調べることです。例えば、イベントの来場者数と配布したチラシの数で回帰分析すると、その2つの相関関係を調べることができます。導き出した相関関係で、配布したチラシの数から来場者数がおおよそ予測できます。回帰分析を用いて、過去のデータからあらゆる課題の解決策を見つけ出すことはできないか、チャレンジしています。(Bチームリーダー 石田有佳

 

Cチーム

 私たちのチームでは、ヒトの行動に着目して分析や研究を行っています。ミクロ経済学など、一般的な経済学では超合理的なヒトを前提として分析をしていたと思います。しかし、現実では自分の感情や気持ちに左右され非合理な選択をすることもあります。こうしたヒトの感情や心理を元に分析を行う行動経済学は初めて学ぶ人でも「確かに!」、「あーわかる!」など身近に感じられる理論があり、とても楽しく分析しています。(Cチームリーダー 衞藤留可

 

 

先生がゼミで大切にしていることは何ですか?

 ゼミ 生みんなが楽しくチーム活動を行えることを大切にしています。

 ゼミ生たちが自由に発言できるように,打ち解けた雰囲気作りを心がけています。各チームの進行役には,チーム全員が同じ程度に発言しているか,常に気を配ってもらっています。
 1人で時間をかけてゆっくりと考えた上で,ゼミの時間にチームで議論することで,自分の口から思いがけないアイデアが溢れ出す。ゼミ生たちには,少しでも多く,そのような刺激的な体験をして欲しいと願っています。

 


ゼミ生の声
  •  私たちが所属する村井ゼミは、とても和気あいあいとした雰囲気のゼミです。
     同級生同士の仲が良いのはもちろんのこと、チームが縦割り編成のため、先輩後輩の交流も深いです。
     ゼミでの学習内容は数学を用いるので、難しいと思うこともあります。でも、チームごとに相談しながら学んでいくので、すぐに理解が深まります。
     また、自分の興味がある分野を研究テーマにできるため、伸び伸びと学習をすることができます。
     「ゼミ」というと、堅苦しいイメージがあるかもしれませんが、実際には冗談も飛び交う笑顔の絶えない空間で、日常生活で困ったことがあれば、どんな些細なことでも先生や先輩に気軽に相談できるのが村井ゼミの特徴だと思っています。 
    佐藤美香(岡山県立玉島高等学校卒,2015年入学)
  •  村井ゼミの魅力はチームで課題解決に臨む点だと思います。ゼミの時間は数人のチームに分かれて活動を行っているので、自分にはなかった考え・意見に毎回触れることができます。分からない部分はお互いの知識を出し合って補い合い、結果を一人ではなくチームで作っていきます。また話し合いの中で先輩や同回生の個性も出てくるのでチームのつながりが回を追うごとに強くなっているな、と感じています。三週毎に行われる全体での研究経過発表の場面では別のチームの人に分かりやすく解説をし、話をしているチームメイトに刺激を受けることも多いです。 
    吉田桃子(岡山県立城東高等学校卒,2015年入学