福士 純 ゼミ

福士 純(准教授)
歴史を通じて、現在世界中で起きている諸問題やその根本的な原因を把握

ゼミの内容

福士ゼミが扱うテーマは欧米経済史です。欧米経済史と聞くと、そのまま欧米の経済史を見ていくだけだと思われるかもしれませんが、そうではありません。ヨーロッパ全体を通して見たり、その中からイギリス一国だけを取り上げたり、ある貿易品に着目しその交易ルートや歴史を見ていくなど、そのテーマや方法は多岐にわたります。例を挙げると、

  • 近代以降のイギリス経済の発展で重要だったのは生産、消費のいずれか?
  • 移民の流入がナショナル・アイデンティティの形成・維持に与える影響は?
  • アヘン、コーヒー、砂糖などのドラッグ経済がもたらした影響とは?

などです。

取り上げる時代も古代から現代までと幅広く、歴史を通じて今現在世界中で起きている諸問題やその根本的な原因を把握し、その解決方法や今後の予想を議論します。

ゼミの進行

ゼミ演習では、主にテキスト輪読と代表者によるプレゼンテーション、そしてその内容に関して出された課題をもとに議論していく形式をとっています。

今年度福士ゼミの前期は、2年生は4限目、3、4年生は5限目と演習時間を分けています。2年生はテキスト輪読に加え『アカデミック・スキルズ―大学生のための知的技法入門―』というテキストを用い、研究・論文執筆方法に関する勉強やプレゼンテーションに関するトレーニングなど、大学生に必要な学びの知識や技法を学んでいきます。

3、4年生はテキスト輪読、プレゼンテーション、そして与えられた議題をもとに議論を行い、知識を深めていきます。また、3年生は卒業研究に関して興味のある分野のプレゼンテーション、4年生は卒業研究の途中報告があります。後期は2年生、3年生、4年生合同の演習でテキスト輪読を行い、最後に2、3年生はグループ研究・発表、4年生は卒業研究発表を行います。ゼミを通じ、プレゼンテーション能力やコミュニケーション能力、歴史や経済問題を読み解く洞察力や思考力の向上を図っています。

山本眞実(大分県学校法人別府大学明豊高等学校出身、2013年度入学)