兼田 克幸 ゼミ

兼田 克幸 (教授)
基本的な考え方を突き詰めることで「考える力」を養う

兼田ゼミについて

2年生3名、3年生4名、4年生5名の計12名が所属しています。ゼミ生の中には、日商簿記検定1級の合格者や公認会計士試験短答式合格者も複数います。

ゼミでは、専門的な勉強だけでなく、社会に出て恥ずかしくないよう、一般常識やマナーを身につけることにも心掛けています。①報告・連絡・相談を欠かさない「ホウレンソウの精神」、②積極的に行動に移す「アクティブさ」、③周りを気遣う「思いやりの精神」の三つが、当ゼミの理念となっています。

ゼミの内容

本年は、財務会計に関する高度な知識を習得するよう、日商簿記検定1級向けの教材を用いて学習を進めています。単に会計処理方法を覚えるだけではなく、その基本的な考え方を突き詰めることで、「考える力」を養うよう努めています。本年後期は、企業分析を行うことも計画しています。有価証券報告書などを用いて企業分析を行うことは、就職活動の際にも、大いに役立つものと考えられます。

2、3、4年生合同でゼミを行っています。特定のテーマごとに報告担当者を決めたうえで、各担当者がレジュメを作成し、そのレジュメをベースとして発表及び質疑応答を行うという方法によりゼミを進めています。毎回、熱い議論を行っています。

講義室以外での活動

ゼミの時間外においても、各自の勉強の進み具合の確認や、お互いの分からない箇所を教え合ったりするよう努めています。また、勉強以外に、各種試験の後の慰労会、ゼミ旅行など多くのイベントを企画し、実行しています。

ゼミには、公認会計士、地方公務員、金融機関勤務者など、兼田ゼミ出身のOBが来て下さることも多くあります。現在の仕事の状況や、学生時代の勉強方法、就職活動に向けての留意事項など、貴重なアドバイスをいただき、ゼミ生にとって大きな励みになっています。年代を越えた縦のつながりが強いのも、当ゼミの強みだと思います。

登川龍馬(沖縄県立開邦高等学校出身、2012年度入学)
西村洋輝(岡山県立勝山高等学校出身、2013年度入学)