日中韓国際コンファレンスの開催


東アジアにおける構造転換と経済発展
日中韓国際コンファレンスの開催


2016年10月23日(日)、学部間協定を締結している中央財経大学(中国)、江原大学(韓国)、岡山大学による国際コンファレンス『International Conference for the Structural Transformation and Economic Development in East-Asia』が北京で開催され、張教授と浅野教授が研究報告者・討論者として参加しました。3大学の8人の研究者が研究報告を行い、活発な質疑応答がなされました。報告論文のタイトルは以下の通りです。

張星源教授
「Do Deeper Regional Trade Agreements Enhance International Technology Spillovers?」

浅野貴央教授
「Conditional Comonotonicity, Consequentialism, and Dynamic Consistency in Updating Ambiguous Beliefs」

同シンポジウムは2005年から定期的に行われており、2017年は韓国(江原大学)での開催が予定されています。