実践コミュニケーション論

実践コミュニケーション論

受講生募集中!

「チームで働く力」を身につけるための課題解決型学習(PBLによる授業です。 

経済学部・工学部学生の混成グループで,企業から与えられた実践的な課題に取り組みます。

●Aクラス(火3-4限)の課題:株式会社ザグザグ より 『20‐30代の顧客に支持されるドラッグストアにするための提案』

●Bクラス(水5-6限)の課題:ダイヤ工業株式会社 より 『コルセット・サポーターのオーダーメイド技術による未来への提案』       

コミュニケーション能力の向上に興味のある人は,是非この講義を受講しましょう!!

【受講申込方法】 月2日(水)までに、Webclassからエントリーして下さい。

  1. [2017][3学期][昼コース]を選択し、『参加可能なコース』から「実践コミュニケーション論」のコースのメンバーになります。
  2. エントリー時は、AクラスでもBクラスでもどちらを選んでも構いません。
  3. 実践コミュニケーション論エントリーシートからエントリーください。

授業の詳細は、シラバス実践コミュニケーション論紹介サイトを御確認ください。

 みなさんのご応募をお待ちしています!


この講義では、将来、グローバル社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な「社会人基礎力」を鍛えます。傾聴力,発想法,論理的思考法、ファシリテーションなどのコミュニケーションスキルを学んだあと、経済学部と工学部の1~4年生が混成チームを組み、企業が抱える現実の課題に対し、チーム毎の解決策を考えていきます。最終日は、企業幹部の方々を前にプレゼンし、いかに協働して独創的な発想を生み出せたかを競います。「履修してよかった」「後輩に勧めたい」「将来、社会に出て必要なスキルが学べた」と受講生から高い評価を受けている講義です。

>受講生有志が企画・制作した 実践コミュニケーション論紹介サイトへ

関連するお知らせ