修了者の紹介





修士課程を修了して


2018年3月修了 井上朗弘 氏
(関西防水工業株式会社・代表取締役社長)
自画像

 私は、会社の代表として50名程度の技能労働者を抱える職別工事業を経営しています。彼・彼女らが様々なトラブルを起こしたり、思い通りに仕事ができなかったりすることに不満と苛立ちを感じつつ、彼・彼女らの思考・発言、および行動について、いつも一方的に嘆いていました。また、日々の工事をこなしていくために、彼・彼女らのわがまま(と思っていた)を見過ごし、我慢している自分にもストレスを感じていました。それらにうまく対応でき、解決がはかれれば、企業の生産性も向上し、自身のストレスも減る、と考えていました。

 そのような状況下、約15年間、企業経営はしてきたのですが、経営について、とくに学問的に学んだこともなく、学ぶ気もなかったのですが、その一方で、マンネリ的に経験と勘に頼ってばかりいる自社経営のやり方には限界を感じ、日々、浅慮していました。その頃、MBAを取得した友人経営者から「学ぶ(学び直す)」ことを強く勧めらました。今、考えてみると、私の思考の浅慮さを心配しての助言だったのかもしれません。

 大学院に入学する前も、入学後もしばらくは「建設業は(他の業種に比較して)特殊だ」というフレーズに囚われていました。とくに「特殊」というキーワードには呪縛されていたと思います。しかし、講義を受け、自身の論文執筆のために研究を進めたりしていくにつれ、よく建設業で見聞きされ、(他の業種とは異なって)特殊なことと考えていたことが、実はそうではないのでないか、と考えるようになりました。見方が少し変わったわけです。

 1ヶ月に2回開催されるゼミにおいて、指導教員からは、よく「なぜここ(大学院)に来ているのか。何が問題なのか。それは、(単なるあなたの)不平、不満ではないのか」と繰返し言われました。ここでの気づきは、大学院は、企業で日常起きている多様な問題について、処方箋や即効・効率的な解決方法を教わり、考える場所ではない、ということです。さらに、科学とか学問は、それらについて親和性は弱いということです。しかし、大学院は、物事の本質に知的に挑み、根源的な問いを立て、その一つの解をひねり出す場であることが分かりました(笑)。同級生は分かりませんが…。

 ですから、大学院の修了前には、上述の悩み等についても、それほど問題とは感じなくなっており、私自身の思考の変化を感じました。社長自らが、彼・彼女らを一方的に批判し、嘆くのは良いが、それでは、まったく何にもならない、ということに気付いたわけです。修士研究の対象は、人事考課です。アンケート調査やインタビュー調査では、「人事考課も人事評価も同じ」などと考えている中小企業の多さに驚きました。しかし、振り返って、自社を考えると、正確に、また充分に、彼らの経常の仕事ぶりを見て、評価できていないと強く感じました。修士研究の成果を何とか自社職場に反映し、使用することの必要性を強く感じるようになりました。

 上記以外に、来て良かったと感じることに、文章の書き方があります。日常の職場では、体現止め、あるいは省略を多用した文章によるスピード感です。しかし、これが実は勘違いで、とても伝わりにくいことが理解できました。学術的な記述における作法(=「科学する」における一般・普遍化に通ずる。そして言語使用の一貫性)は、誰でも分かるように正しく記述することであり、文章は自己を丸裸にするという指導教員の言は、目から鱗でした。当院ゼミは、文章の字体・フォントの大きさ・余白・行数・1行当たりの文字数、まで指定されており、パワーポイントの作成も同様です。修士論文の発表前は、シナリオを書き、ストップウオッチを持って練習したことも、今では良い思い出です。結局、修士論文は、書き直しの連続で、序章と結章については、十数回書き直しました。しかし、これらの作業が、仕事にはとても役に立っています。

 最後に、私は長期履修制度を活用させていただき、3年間通学しましたが、いろいろと支え合ったゼミの仲間や同級生、夜にも関わらず大学院に出向く私に協力してくれたすべての従業員と家族にとても感謝しています。

 大学院の修了はゴールではなくスタートだと思っています。これからも問題の本質を見極め、良い企業をつくるために経営力を高めていきたいと思っています。


PAGE TOP


修士課程を修了して


2018年3月修了 三好貴之 氏
メディックプランニング・代表
自画像

私が大学院の入学を考えたのは、社会人として15年が経過し、私の専門領域である医療・介護業界で経営に携わる立場になったのがきっかけでした。入学前の私は、自社経営における意思決定の多くが「主観」的であり、「経験主義」的でした。それで大きな問題があったわけではなかったのですが、少しづつですが「これで良いのだろうか」と疑問が湧き、何かしっくりこない日々が続くようになりました。

そこで、今までの社会人としての自分や経営に携わる者として、自己を今一度、見つめ直して、もう1段バージョンアップさせるために大学院への入学を決意しました。

在学中は、仕事と同時進行ですから、授業やレポート作成、ゼミ発表に取り組むのは、大変でした。しかし、指導教員の指導や同じ志を持った同期生やゼミ生の仲間と励まし合いながら学べたことは非常に良い経験になりました。また、修士論文作成に際しては、実証部としてアンケート調査とインタビュー調査を実施しましたが、非常に多くの介護施設にご協力いただきました。大感謝です。とくにインタビュー調査では、同様な介護施設の経営者に、生の声をいろいろと聴くことができました。これについては、多くの発見(自分にとっては気づき)があり、自身の仕事にも非常に反映させることができています。

修士課程を修了して約1ヶ月ですが、改めて経営の現場に入ると、自分の中に、物事を客観的に、かつ論理的に視ることができるようになったと思います。さらに「何が問題」というゼミで飛び交っていたフレーズが、普通に浮かぶようになった自分に「あれ?」となっています。

もし、大学院で学ばず、従来の主観・経験主義的視点で仕事を継続していれば、案外、行き詰っていたかもしれないと思います。

最後に。世の中には、リーダーシップやマネジメントについて、非常に多くの情報が溢れています。そして、それらの情報に効率・即効的にアクセスできます。確かに、処方箋や即効的なノウハウ・手法を学ぶことは必要だとは思います。しかし、時間はかかりますが、学問としての経営を学び、科学的に仕事現場にある諸問題について本質に迫ること、そして多くのあいまいとした暗黙知を形式知化するために必死に頭に汗をかくこと、これらは、企業経営に携わる多くの人にとって大いに意義のあることだと痛感しています。


PAGE TOP


修士課程を修了して


組織経営専攻・2010年3月修了
王静 氏
(中国遼寧省出身・山陽電子工業勤務)
自画像

 私は、岡山大学での研究生を1年間経て、社会文化科学研究科組織経営専攻を2010年3月に修了しました。留学生の私からすれば、この専攻の大きな魅力は、社会人と一緒に授業を受け、ゼミでいろいろな議論をできることにあります。とくに私の在学時には、留学生が研究生を含め10数名、社会人院生も10数名という大世帯で、非常ににぎやかでした。

 当然、授業やゼミは日本語が中心の講義・発表・ディスカッションですから、留学生にとってはハードルが高いかもしれません。しかし、初めは大変でしたが、慣れてくれば何とかなってきました。私は、指導教員から指示があって、常に電子辞書を持っていました。変な話ですが、院ゼミ終了後に、時々あった食事会では、社会人院生の日本語が分からず、あるいは意味が共有できず、電子辞書を間にして、議論したこともあります。これも変な話ですが、社会人院生の何人からは「日本語は得意?と思っていたが、本当に(私たち留学生)には通じず、改めて勉強になった」という感想?をもらいました。

 上記を懸命にやったおかげか、言語力は割と短い期間に上達できたように思います。余談ですが、大学院修了後、岡山の企業に就職しました。休日に、先生や同期の社会人院生に会った際に、「これ中国語に訳して」とか「これ中国語で何と言うの」とか言われたのですが、意外と訳せなくて「日本語では言えるのだけれど…」と頭(心)の中でつぶやいた自分に「あれっ?」と苦笑しました。

 授業は、理論だけではなく、現場の生々しいケースも題材になります。これは、就職活動の際にも、大変役に立ったと言うか、就職後の職場のいろいろな状況について違和感なく理解が進みました。お勧めです。

 私は、ワーク・ライフ・バランスが従業員の仕事行動に及ぼす影響を対象に修士研究を行いました。ゼミの必須として、実証として社会調査が義務づけられていました。具体的には、企業と従業員対象のアンケート調査、および企業と従業員対象のインタビュー調査、合計4つの調査を行いました。中でも1,000通超の企業対象アンケート調査では、質問票の印刷・封入・切手張りは今から思えば良い思い出です。また、企業対象のインタビュー調査では、大阪の企業(3社)に先生と一緒に行きました。録音のテープ起しは、まず、1字1句日本語で記述していくのですが、これにはかなり苦労しました。しかし、これも良い思い出です。この調査結果の一部は、共著ですが『岡山大学経済学会雑誌』(第41巻,第2号,55−76頁,2009年9月刊)に掲載していただきました。

 修士研究の審査会の準備では、まず30の画面を作法(フォント、字の大きさ、行間ピッチ、数字の階層等)に従って作成し、30分のシナリオを何度も修正し、読みます。次に、ストップウオッチで測りながら、10日前から毎日2回、先生やゼミの院生の前で練習しました。想定問答も考えます。ですから、本番の際には、緊張することもなく、割とスムーズにできました。

 結果的に。いろいろなお方々に恵まれ、ご協力のおかげで自分にとっては、有意義な修士論文が書けたと思っています。

 今、日本企業に勤めていますが、言語力はもちろん、物事を論理的に分析した上ですすめるような思考力は岡山大学・大学院で鍛えられたからだと思っています。それに、当時一緒に勉強した先輩や後輩は、職位が高いにもかかわらず高いモティベーションを持ち、日々自己成長を求めている方々でしたので、私にとっては憧れであり、キャリア・ロールモデルであり、いまでもいろいろな形でおつきあいをしていただいています。

 最後に留学生へ

 岡山大学は街に近隣してありますので、自転車20分圏内で大学やアルバイト先を考慮すれば、効率的に時間無駄なく生活することはできます。キャンパスには生協の食堂がありますが、安くて栄養がよく考えられた料理を食べられます。私が来日して初めて借りたアパートは生協の紹介でした。最後に、先生からは「何をしにここにわざわざ中国から来たのか、よく考えること」と常に言われました。そして「いやなことから逃げずに、常に自分にベクトルを向けてガンバ!」も言われました。良い思い出です。


PAGE TOP


岡山大学大学院MBAのすすめ


2018年3月修了 大森康弘 さん
自画像

1.岡山大学MBAとの出会いについて
 私が岡山大学MBAに入ろうと思ったきっかけは、仕事での悩みからでした。私の主な仕事は農協組織で畜産に関わる部門です。この畜産業ですが、平成22年から始まった飼料価格の高騰で、たくさんの畜産生産者の方々が事業を撤退せざる得ない状況になりました。なぜこのような事態になったのかをいろいろな書物を紐解き自分なりに考えてみましたが、的を射た答えがなかなか見つかりません。そのときにたまたま岡山大学MBAのことを知ったのでした。

2.学ぶことについて
 岡山大学大学院では競争戦略を研究する北教授のゼミに入りました。また通常の授業でも北教授の競争戦略論を取っています。北先生のゼミを志望した理由は、岡山県に競争力のある畜産業を作るためにはどうすれば良いかを研究したかったからです。
 大学院に入学して学んだことは、まず“自分の知識の薄さ”でした。私は20年間、営業一筋でした。このなかでいろいろな勉強や経験もしてきたつもりでした。しかし北先生の授業を受けて、自分が経験してきた成功例や失敗例が、実はすでに理論として説明できるということを知りました。残念なのは、もう少し自分が若い内に早く知っていればと思うことです。しかし、「これからでも遅くない」と自分に言い聞かせ、日々勉強をしております。勉強していつかは岡山の畜産業に貢献したいという夢を持っています。

3.岡山大学の良いところ
 岡山大学では経済学・経営学・会計学だけではありません。文系学部も幅広くあれば、理系の学部も幅広く充実しています。私は農協組織に勤めているので、経済学系の先生のみならず農学部の研究室にもお伺いしています。また、図書館の経営学と農学の蔵書の多さに助かっています。時間があれば、片っ端から経営学と農学関係の本を開いています。私はいい年をしたおじさんなので、図書館に若い人が多くて少し気兼ねをするときは、本を借りて研究室へ持ち帰り、ずっと読んでいます。基本的に平日は仕事が終わり次第、授業へ行きますが、授業の後は研究室(MBAの院生には研究室が与えられています!)で深夜まで本を読んでいることが多いです。そして土日の休日は朝からずっと研究室に籠もります。一見大変そうですが、青春時代の受験へと追い込まれる勉強とは違い、中年になってからの勉強は大変楽しいものです。至福の時を過ごしております。あと東京や大阪のような都会では無く、地元岡山でアカデミックな学問を先生に生の授業で教えてもらうことができるのも岡山県人の私としては魅力です。

4.勉強仲間との出会い
 岡山大学MBAでは、普段なかなか関わることのない業界の方との出会いも魅力です。アパレル業界、銀行業界、医療関係、公務員や企業の経営者の方など幅広い業界の方々が学んでいます。これらの方々からの意見や情報が今の自分に刺激を与えてくれています。農業関係の業界は、ある意味で古い体質かも知れません。この業界に別の視点から新しい取組みができるように、他業界の視点も自分の中に取り入れて自分自身を切磋琢磨し、未来の岡山の農畜産業に貢献できるようになりたいと思います。
 なお、私は岡山大学ビジネスモデル研究会にも属しております。毎月一回、週末に講師をお招きし、MBAのOBOG、現役生などの参加者が事前に頂いた経営の課題を議論し、研究しています。これが今の自分にとても刺激になっています。もし、MBAにご興味がある方がいらっしゃれば、ぜひフェイスブックで『岡山大学ビジネススクール(MBA)を語るcafe』を覗いてみてください。そして、ぜひ一度ご参加して頂ければ幸いです。


PAGE TOP


経営者特別講義を受講して


2017年3月修了 石元 玲 さん
自画像

 経営者特別講義は岡山の経済界を代表される方々によるリレー形式の講義です。金融、通信、マスコミ、流通業界等を代表される企業経営者や企業の岡山地区の支店長が講師として登壇され、岡山が直面する地域の課題や現実に起こっている企業経営に関するテーマが取り上げられます。
 授業の最大の特徴は、普段お会いすることのない講師の方々の生の声を聴くことができ、さらに意見交換ができる点にあります。また講師の方々は経験豊富な人生の先輩であり、講義を通して自らの今後のキャリア形成に関する大きな示唆を与えてくれる点も魅力の一つと言えます。
 それゆえに、講義前には講師の方々が属する業界あるいは企業に関する予習をすることを薦めます。実際に企業経営のトップの方と面談する場合、相応の時間を費やして準備をするように、講義前に自分の考え方をまとめておくことで、講師の方々が訴えたいことに対する理解が進むことになるからです。一連の講義を通じて、岡山という地方都市で仕事をすることの難しさだけでなく、可能性を感じることもあるでしょう。
 一方で今私たちが持っている考え方が、今後通用しなくなるという危機感も強く感じるでしょう。私の場合、日本銀行岡山支店長の講義によって、岡山県の強み弱み、特徴とは何か、どの部分を伸ばしていけば岡山県の経済が成長し、自分のビジネスにも反映されるのだろうかと意識するようになりました。
 岡山県は様々な経済指標において全国の真ん中あたりの順位にあることが多いです。各地の地方創生に対する取り組みによっては、数年後のあり方が大きく変わるのではないかという危機感と可能性について考えるきっかけを与えてくれました。
 「地球規模の視野で考え、地球視点で行動する(Think globally, Act locally)」。常にグローカルな視点を身に付けたいと思いつつ、私も年齢とともに内向きになってきました。授業の目的でもある「グローカルなリーダー」になることはビジネスマンとしての目標であります。岡山という地方都市にいながら、より高い意識と自覚を持つことで、今後もあらゆることに挑戦していきたいです。


PAGE TOP


ゼミを受講して


2017年3月修了 平宅栄三 さん
(北真収研究室)
自画像

1. ゼミの特徴
 北ゼミは、主に経営戦略に関する研究に関心の高いゼミ生が所属しています。平成28年3月現在、7名の院生が所属しており、その全員が社会人学生です。そのため、各院生の研究分野は、仕事を通じて浮かび上がった課題に対するものが中心となっています。
北教授は、民間企業でのキャリアも豊富な方です。机上の理論のみではなく、経験から得た知見も教えて下さる点が特徴だと思います。そのため、特に社会人学生の研究において有意義なゼミだと感じています。

2. 具体的な講義例
 ゼミは、隔週で行われています。
主に、各ゼミ生が自身の研究計画に関する発表を行い、それに対し北教授やゼミ生による質疑応答を行う形式で講義を進めています。教授から具体的な指導を頂戴したり、他のゼミ生と意見を交換することで、自身の研究をブラッシュアップすることができ、また、先行研究や理論についても幅広く理解を深めることができます。その他、各ゼミ生の研究に関連する先行研究や専門書のレビューを行うこともあります。

3. 他のゼミ生から受ける刺激
 ゼミ生はそれぞれ、業種、職種、職位が異なります。しかも、自ら志願して大学院へ進学している方ばかりです。異なる分野で活躍し、高いモチベーションを持った他のゼミ生の発想や意見は、自身に新しい視点をもたらしてくれます。また、研究のみならず仕事に対するアドバイスを受けることもあり、日々良い刺激を頂戴しています。

4. ゼミに対する感想
北教授のゼミは、民間経験豊富な教授やモチベーションの高い異業種のゼミ生とのネットワークが出来たことが、何よりも有益だと感じています。課題や悩みは人それぞれ異なりますが、それを共有し合える仲間がいると心強いものです。ゼミを通じて出会えた方々との縁に感謝し、これからもしっかり学び、切磋琢磨していきたいと思います。


PAGE TOP


企業戦略論を受講して


2017年3月修了 長光正明 さん
自画像

 持続して儲けていきたい。常に、企業が考えることだろう。企業規模の大小にかかわらず世の中には稼いでいる企業は確かにある。しかも競争に打ち勝ち持続して稼いでいる。そこには、何らかの要因があるのではないか、策があるのかもしれない。それがあるなら、それを知りたい。この軽い単純明快な好奇心からそのヒントを求めて「企業戦略論」を履修した。
 実は、この「企業戦略論」は前期にある「競争戦略論」の後期編であり、いずれも担当教授である北先生のテキスト経営戦略(岡山大学出版会)に沿った講義となっている。したがって、私の好奇心は前期の「競争戦略論」の履修時に遡ることになる。いずれにしろ「戦略」という科目が、カネ儲けの策を論じたものに違いないと独断し履修した。ここまで書くと、読者は「かかる意に反し」という言葉が次に想像されるのであろうが、ところが「意に副い」、まことに“企業が持続して稼ぐ策”が、「戦略」として授業で目白押しに紹介され、実に有意義極まりない。それらを学ぶと、実践したくなる「実践に即した戦略」である。授業は、それらの紹介ばかりではない。これらの戦略を学びつつ、実際の戦略事例を取り上げ、その成功や失敗の討議の場が設けられる。
 一つ紹介する。ある成功しているビジネスホテルが取り上げられる。競争が激しい業界である。それを勝ち抜いているホテルだ。教授がその成功要因を問う。受講生はテキストで学んだ戦略をその要因としてあれこれ論じる。教授は、テキストにあるような戦略は競合ホテルがいずれも取りうるものであろう、その奥にある本質が何かを見極めよと返す。受講生は、もとらない頭脳でまたあれこれ思案する。教授からなかなか答えは明かさない。沈黙の時間が続く。この時間は結構きつい。しかし、この経験が「洞察力」を育み、成功した経営者がよく口にする経営判断に欠かせない「直観力」が身に付く時間であったと、後で気が付く。もんげー(!)授業であった。


PAGE TOP


MBAを取得して


2016年3月修了 加瀬部 強
自画像

ビジネス環境が変わる中で、自分自身や企業も変革していかなければ生き残れないのではと考えていました。その手段の一つとしてMBAで学ぶということがあると考えています。企業内での活動は実践中心で理論を教えてくれるということは少ないように思います。また、一般的に企業では、今の仕事(その企業が必要としている仕事)に対して、効率的な進め方や必要な知識やスキルを教え、結果を求める傾向にあります。

しかし、企業が持続的に発展していくには、環境に応じて柔軟に変化していく社員が必要不可欠になるのではないでしょうか。特に新たなビジネスモデルにチャレンジしていく時には、その活動に正解や先の見えないものが多く、今やっていることが本当に正しいのか疑問に感じることも多々あるかと思います。

MBAを取得して自分自身がどう変わったかと考えてみると、以前より理論的な考えで仕事を進めるようになりました。すべてが理論通りになるわけではありませんが、理論を知っているのと知らないのでは大きな違いがあります。セオリーとプラクティスを融合させることで新たな仕事に対しても柔軟にチャレンジできるようになったと思っています。

岡山大学大学院のMBAでは、企業で活躍された先生もおられ理論と実践を学ぶことができます。MBAは自分や会社にも有益な財産になるはずです。今からでも遅くはありません。チャレンジするのは今です。


PAGE TOP