経済学部生の活動紹介コーナー

  次へ

第30回:尾川裕梨さん(2015年度入学、キャンパスライフ)

16年12月21日

 みなさん、こんにちは。岡山大学経済学部組織経営コース(浅野ゼミ)二回生の尾川裕梨と申します。出身は兵庫県立出石高等学校です。私の学校生活についてお話したいと思います。
 私はもともと経営に興味があり、組織経営コースのある岡山大学経済学部を受験しました。大学では基礎科目から専門科目まで様々な授業を受けることができます。自分のコース科目以外も履修するので、興味や知識の幅が広がりました。また、ゼミ活動では、座学というよりもプレゼンやディベートのように自分が主体となって調査し、発表することがメインです。優秀な同回生や先輩方から日々沢山の刺激をもらっています。

 続いて課外活動についてお話しします。岡山大学には高校の時には思いつかないような面白い部活動がたくさんあります。私はケイビングクラブという部活動に所属しています。ケイビングという言葉自体、入るまで知らなかったのですが、一言でいうと洞窟探検部です。岡山県は地形に恵まれており、北部のカルスト台地には100以上の洞窟があるといわれています。私たちは一般人では入ることのできない天然の洞窟に入り、調査活動などを行っています。活動では安全性を確保するために先輩や同回生、外部団体との連携が不可欠です。私は活動を通してチームワークや人間関係の大切さを学びました。

第30回:尾川裕梨さん(2015年度入学、キャンパスライフ)



 また、私はNPO法人ドットジェイピーという団体に所属しています。この団体では、若年投票率の向上を目的として大学生を対象とした議員インターンシップの運営を行っています。私の仕事はプロモーションと言って、メディアに取材のお願いをしたり、行政と連携してイベントを行うことです。単なるサークルとは違ってシビアな面もあり、学業との両立も大変ですが、やりがいもあります。特に私の仕事は外部の協力を得ることなのですが、社会人の方が学生の私の提案を真剣に検討してくださる時や、協力をいただけた時には本当にこの時のために頑張ってよかったと感じます。また、活動を続けるうちに協力してくれる人が増えていくものとてもうれしいです。
 また、ドットジェイピーの活動は私の学部での学習と無関係ではありません。例えば組織行動論を勉強しながら、ドットジェイピーの組織構造を使ってレポートを書いたり、マーケティングの授業で「顧客の潜在的なニーズをつかめ」という話を聞いてから、インターンシップの説明会では学生の話を沢山引き出し、学生が何を求めているのかを掴んでからインターンシップの魅力を伝えるようにしています。学校の勉強は社会に出てから必ずしも役に立たないといわれますが、私はそんなことはないと思います。経済学部では会計など実践的な科目も多く、これから社会に出ていくうえで必ず役に立つ知識を得られると思います。

第30回:尾川裕梨さん(2015年度入学、キャンパスライフ)



 私は自分が大学生活において週末を洞窟で過ごすとは思っていなかったし、議員とかかわることになるとも思っていませんでした。みなさんも、大学で自分の意外な一面を見つけてください。

第29回:松村威輝さん(2015年度入学、キャンパスライフ)

16年12月20日

 皆さん、こんにちは!はじめまして。私は岡山大学経済学部現代経済分析コース、2回生の松村威輝(たかき)です。第28回の道祖さんと同じ、浅野ゼミに所属しています。出身校は岡山県立岡山芳泉高等学校です。今回は部活動紹介ということですが、最初に学業面について少しお話します。

 今年はミクロ経済学・マクロ経済学が開講されなかったことから、恐らく皆さんの多くが思い浮かべるような経済学を学んでおらず、金融、統計、マーケティングを重点的に学びました。また、ゼミでは毎週プレゼンテーションを行っており、企業や経済情勢、時事問題といった幅広いことに関して発表、議論をしています。ゼミを通して一般的な教養だけでなく相手に提案するスキル、ある事柄に関して深く掘り下げて調べる力といった社会に出てから重視されるテクニックを広く深く学ぶことが出来ます。

 さて、ここから本題の部活動紹介に入ります。私は「岡山大学生協学生委員会C.C.C!」という委員会に所属しています。生協について説明するとややこしくなると思うので、ここでは割愛させていただきます(詳しくは下記のリンクでご確認ください)。
C.C.C!では生協に加入している組合員(学生、教職員etc.)や岡山大学に入学する新入生に対して様々なイベントの企画・運営を主体的に行っています。年に一度ある大還元祭、生協キャンペーンでは恒例の大ふくびき大会ガラガラポンッ!!を行います。1等は東京ディズニーランドのペアチケットやiPadとかなり豪華賞品であることから、毎年多くの参加者が訪れます。他にも、一足早く合格が決まった推薦生同士が入学前に親睦を深められるよう、推薦生交流会といった会を1,2月で1回ずつ開催しています。これらの企画は統括というリーダーが主導で運営し、多くのC.C.C!のメンバーが協力して運営されています。

第29回:松村威輝さん(2015年度入学、キャンパスライフ)



 私はC.C.C!で主に以下の2つの事を担当しています。まず1つ目は店舗プロジェクトチーム(Pt)でリーダーをしています。サブリーダーの友人と共に生協店舗で企画を立てて実行したりしています。例えば、食堂のメニューを公募してその中からアンケートを取り、票が多かったものを実際にメニューとして食堂で販売するコンテスト企画や、ハロウィンの時期にはくじを引いてその等数に応じてお菓子をプレゼントするハロウィンガチャといった企画を催しています。生協職員の方とミーティング、企画書や告知ポスター、シフトの作成と事務的なことが多く大変ですが、自分の立案した企画が実行され、多くの方に参加していただけると、得られるやりがいや達成感は言葉に表せません。

第29回:松村威輝さん(2015年度入学、キャンパスライフ)



 2つ目は、自宅生説明会のプロジェクトメンバーです。高校と大学で生活にあまり変化がないと思いがちな自宅生に対して大学に入学する前に必要な情報、例えば時間割の組み方や大学生の食生活といった大きく変化することを伝える会を毎年行っています。この会を行うにあたって、岡大生1000人に取るアンケートや会の内容、進行の議論、資料や冊子の作成と、店舗Ptの準備よりもかなり大変で大掛かりな準備が必要となります。しかし、多くの自宅生が参加し、来てよかったという声を耳にすると、大変だったけど、ここまで駆け抜けてきて良かったと思えました。

第29回:松村威輝さん(2015年度入学、キャンパスライフ)



 大学に入って何をしようかと迷っている方も多いと思います。私も入学した頃はずっと悩んでいました。ですが、何気なく勧められて、何気なく入ったC.C.C!でも様々な経験をすることが出来ました。やりがいや一緒に頑張る仲間をもっていればどんな部活、サークルでも楽しく、意味のある活動が出来ると思いますよ。

第29回:松村威輝さん(2015年度入学、キャンパスライフ)




岡山大学生協ホームページ
http://syokuin.okadai.coop/about
岡山大学生協ウェブサイト
http://www.okadai.coop/
岡山大学生協C.C.C! Twitterアカウント
https://twitter.com/cccgi

第28回:道祖弥紀さん(2013年度入学、キャンパスライフ)

16年07月07日

皆さんこんにちは!岡山大学経済学部組織経営コース4回生(浅野ゼミ)の道祖弥紀です。鳥取県立米子東高等学校出身です。私のこれまでの大学生活について紹介したいと思います。

まず、学業面についてです。私は組織経営コースを2回生になる時に選択しました。1回生の時は専門基礎科目で幅広く勉強し、その中で興味のある分野を選択できるようになっていました。会計プロフェッションコースと迷っていましたが、経営学というものに高校時代から興味があり、こちらのコースを選びました。学業面で最も力を入れたことはゼミ活動です。浅野ゼミでは、プレゼンテーションを毎週行っています。そして3学年合同という環境の中で優秀な先輩を超えられるように先輩から学び、後輩に負けないように同期とともに成長することを心がけてきました。最も印象深かったのは、「インゼミ」という大学やゼミの枠を超えてディベート対決をしたことです。詳しくは、ゼミ活動紹介第二回のページに載っています。

第28回:道祖弥紀さん(2013年度入学、キャンパスライフ)



次に、部活動についてです。私は岡山大学体育会弓道部に所属しています。私の代で第62代となる伝統のある部です。その伝統が関係あるのか、「中四国学生弓道連盟」という組織の本部が岡山大学の弓道部内にあり、私が現在の委員長を務めさせていただいています(平成28年8月末まで)。中四国学生弓道連盟の仕事は、中四国地区の大学弓道部と「全日本学生弓道連盟」と連携し、大会開催のための準備やお手伝いをすることが主な仕事です。各地区学連の委員長達や全日本学生弓道連盟の役員達との会議や、委員長でなければお会いすることのない人達との出会いなど、自分達の部活動の裏舞台を知り、それに携わることで自分の世界の広がりを実感することが出来ました。また、岡山大学弓道部員としては、中四国大会の団体優勝を目指し、部員みんなと切磋琢磨する大学生活を送りました。私は高校時代に弓道部の部長を経験していましたが、大学の弓道は「学生弓道」と呼ばれ、大会の雰囲気が当時とは比べ物にならないほど騒がしく、熱い、ここでしか味わうことの出来ない貴重なものでした。ここでも、素晴らしい先輩方から多くのことを学び、今後を担う後輩達に良いものを少しでも多く残すことを心がけていました。それが部活動を通じて学んだことであり、私の大学生活の財産だと思っています。

第28回:道祖弥紀さん(2013年度入学、キャンパスライフ)


第28回:道祖弥紀さん(2013年度入学、キャンパスライフ)



確かに、私の大学生活は留学経験もなければ旅行経験などもあまりありません。しかし、質の良いゼミ活動・体育会の部活動・学連の委員長という経験を通じて、それぞれの経験・学んだことを活かしながら自分にとって非常に有意義な大学生活を送ることが出来たと自負しています。そして就職活動を終えた今、残りの大学生活を悔いのないものにし、新生活へ向けての準備をこれまでの大学生活と変わらず、同期や後輩という大切な仲間とともに過ごそうと思います。それが素晴らしい先輩方に教わった「後輩へ残すこと」だと思っています。


岡山大学体育会弓道部ホームページ

岡山大学体育会弓道部Twitter

中四国学生弓道連盟ホームページ

第27回:大野裕美子さん(2015年度入学、キャンパスライフ)

16年06月30日

 こんにちは!岡山大学経済学部二回生の大野裕美子(日高ゼミ)です。出身は福岡県立北筑高校です。これから私の大学生活をゼミ活動・Gコース・部活動の三つの面から紹介します。よろしくお願いします。
 
 まず、ゼミ活動についてです。私は日高ゼミに所属し、主にマーケティングについて学んでいます。マーケティングもそうですが、経済学の知識は身近に置き換えて考えることのできるものが多く、実践的でとても役に立ちます。日高ゼミでは、教科書だけでは学べないことを輪読演習やケーススタディを通して、議論しあっています。例えば、「もしあなたが倒産の危機に迫られている企業の経営者ならばどのような対策をするか?」といった具合に、過去の事例から現在へとつながる解決策を模索しています。また、マーケティングの応用知識だけでなく、社会に出て即戦力となるプレゼン能力や人に分かりやすく伝える能力も同時に養うことができます。ゼミ仲間はみんな仲が良く、和気あいあいと楽しく活動しています。

第27回:大野裕美子さん(2015年度入学、キャンパスライフ)



第27回:大野裕美子さん(2015年度入学、キャンパスライフ)



 次にGコースについて紹介します。Gコースとは正式には「グローバル人材育成特別コース」のことです。経済学部としての勉強とは別にいわゆる副専攻といった形で勉強するコースのことです。コースのカリキュラムに則して、英語力養成、海外研修・留学などのプログラムを履修し、グローバルリーダーシップを育むことを目指します。英語は今の世の中には必須です。しかし、ただ単に英語だけでなく、それを用いて人と対話できる力や、自分で考え判断できる力、積極性や行動力など、土台となる素養がグローバル社会のリーダーになるためには不可欠です。私自身、英語「を」学びたい、というよりもむしろ、英語「で」経済の諸問題を学びたいと考え、このコースを選択しました。そのようにGコースでは英語+αの知識も得ることができます。Gコースの仲間はみな国際的に活躍したいと考えている人ばかりです。そのような意欲に溢れる仲間たちにいつも刺激を受けています。Gコースで得た経験は将来あらゆる分野で活躍できる糧になります。

 最後に部活動について紹介します。私は競技ダンス部という部活動に所属しています。競技ダンスとは社交ダンスをスポーツ化したもので、見た目が華やかなスポーツです。お恥ずかしい話ですが、大学に入って初めて競技ダンスの存在を知りました。大学に入ったらダンスをしたいと考えていましたが、競技ダンスは私にとって未知の領域でした。しかし、先輩がフロアで華麗に舞う姿を初めて見て一瞬にして心を奪われました。靴もドレスも髪型も日常とはかけ離れたものばかりで、私もやってみたいと強く憧れました。美しい踊りの裏では影での努力も必要となります。体幹や筋トレを含むメニューをこなしながら、週に5日ほど練習しています。きついと思いながらも続けられている理由は多くの素敵な仲間がいるからです。競技ダンス部は、100人ほど所属している大きな団体のため学部の垣根を超えて多くの人と知り合えます。出会えた仲間は一生の宝物です。

第27回:大野裕美子さん(2015年度入学、キャンパスライフ)



 大学生活は自由です。せっかく入学したならば充実した日々を送りましょう。充実した忙しい日々のほうが時間をうまく使えるようになります。4年間は長いようであっという間に過ぎます。こんなに勉強できるのも、こんなに部活動に打ち込めるのも、こんなに仲間と楽しく過ごせるのも大学生活が最初で最後です。興味のあることにためらわずチャレンジしていってください!


岡山大学競技ダンス部HP

    次へ